プラノバールジェネリックが激安に買える販売サイトはこちら♪

プラノバールジェネリックが激安に買える通販はオオサカ堂です。
オオサカ堂ではプラノバールジェネリックのオプラルG1箱20錠を6箱(120錠)まとめ買いすると2,583円(送料無料)で買うことができます。
1錠あたり約22円です。


商品名:[プラノバールジェネリック]オブラルG(OvralG) 【1箱20錠】
販売価格:
 1箱 833円
 3箱 1,558円
 6箱 2,583円
送料:無料
製造メーカー:Pfizer Limited
販売サイト:オオサカ堂

>>プラノバールジェネリックが激安に買える通販はこちら

私がプラノバールを服用した理由~生理不順の治療でプラノバールを服用しました

私は東京都大田区在住の主婦のモトコと言います。
モトコ
私がプラノバールを初めて処方されたのは数年前で、30歳を過ぎた頃でした。
プラノバールは、生理不順や月経困難症で処方されることが多いそうですが、
それまでの私は生理不順などとは無縁の生活でした。

それが、仕事のストレスとプライベートでのゴタゴタが重なって、
生理が来ていないことに気づいて初めて婦人科を受診したのは、生理が不順になって半年くらい経ってからのことでした。
それまで生理に悩みがなかったので気づくのが遅れたのですが、30を過ぎたいい歳のの大人が、
生理がいつから来ていないのか気づくのに2、3か月かかったのにも気後れして、婦人科を受診するのも気後れしていました。

しかし、それまで生理痛などもごく一般的と思われる程度のものだったのが、生理前の憂鬱感も酷く、
吐き気を催すほどの腹痛があるのに、生理自体は来ているのか来ていないのかわからないような状態で(経血が少ないなど)、
以前から生理の重い同僚に相談して、やっと婦人科の門をくぐれました。

一通りの問診、触診などが終わった後に、そこで処方されたのがプラノバールでした。
プラノバールは、生理を早めたり遅らせたりしたい場合に処方されることも多く、比較的安易に処方されやすく、副作用も少ないと聞いて飲み始めました。
しかし、それまでわりと健康体で生きてきたため、薬と名のつくものは風邪薬くらいしか飲んだことがなかった為、生理不順で薬を飲むというのも最初は抵抗がありました。

プラノバールはピルの一種で、女性ホルモンを人工的に補充するので、吐き気や、腹痛、乳房の張りなどの副作用があるというのも気になりました。
ピルを飲んでいた同僚が、わりといつも具合が悪そうだったのも一因にありました。

しかし、私も生理不順で以前からは考えられない憂鬱感と、吐き気に襲われることが増えて、薬を飲まないという選択肢はありませんでした。
プラノバールは1日1錠を、数日間~数週間飲み続けるのですが、長期間ではないということに気分的に救われました。

プラノバールは、毎日飲むことで黄体ホルモンと卵胞ホルモンが補われ、
服用をやめることで黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量が減り、子宮内膜が剥がれ落ちて生理が起こります。
プラノバールを飲み続ける、休むというサイクルで人工的に生理周期を作り出し、少しずつ体内のホルモンバランスを整えるそうです。

薬は毎日飲むのと、数週間分しか処方されないので、定期的な通院が必要になります。
そのため、相性の良い先生に出会えることが苦痛ではなく通院を続けるコツだと思います。
差別は良くないと思いますが、やはりある程度年齢が近いか、少し年配の女医さんだと安心できる気がします。
個人的にですがあまり若い女医さんも苦手なのですが、そこはやはり相性ですし、選べるのであれば何軒か婦人科を回るのも良いかもしれません。

私はプラノバールが身体に合ったのか、薬を飲む習慣がなかったのが幸いしたのか、飲み始めて1週目で腹痛や吐き気のない、
経血も以前の自分と大差ない状態に戻ることが出来ました。

約半年間、生理不順を放置したことにもドキドキして受診したのですが、優しい女医さんで安心できました。
しかし、最近は生理不順を軽く考えて放置する人が多いことや、仕事を優先して自分の身体を大切にしない女性が増えていること、
薬の品質向上もあり、薬で簡単に治ることを期待して安易な投薬を望む女性が増えていることもお話されていたので、少し胸が痛くなりました。

コメント